準備・時期

【知らないと損】結婚式の受付の完全マニュアル

投稿日:2020年10月6日 更新日:

披露宴の前での受付は当たり前にみる光景です。でも実際、しっかりとこなせる自信ありますか?

つい、こう思いませんか

・受付はどんなことをすればいいの?

・受付のどのタイミングで始めればいいの?

実際、受付は具体的な仕事があります。自信満々にできますと答える方は少ないと思います。そこで今回は結婚式の受付係について紹介します。

そもそも受付係とは何をするのか、どんな人がやり、挙式当日はどんな流れになるのかなど、まとめました。

この記事は受付をお願いするとき・お願いされた時の注意点をまとめています。

初めて受付係をやる方にも分かるように、丁寧にまとめています。気軽に最後まで読んでみてください。

 

結婚式の受付係は何をするのか?

文字通り、ゲストの受付がメインの役割です。

具体的には以下の3つになります。

①ゲストへ芳名帳への記帳をお願い

②ご祝儀を受け取りと管理

③ゲストに席次表・席札を渡して、会場への案内

 

ご祝儀の管理とゲストに席次表・席札を渡すのは簡単な作業ですが、披露宴が時間通りにスムーズに進行できるために欠かせない役割です。

芳名帳への記帳には注意点もあるので、細かく説明していきます。

 

結婚式受付で名簿・芳名帳へ記帳してもらう

結婚式の受付係は、ゲストが挙式で最初に会う新郎新婦側の関係者になります。

キチンとした立ち振る舞いで迎えましょう。

名簿・芳名帳への記帳は、以下の手順が一般的です。

 

①挨拶&ご祝儀の受け取り:

親族側の立場となるので、しっかりとあいさつをしてご祝儀を受け取りましょう。

 

②名簿・芳名帳への記帳をお願いする:

親族と思われる人には、改めての挨拶とともに祝意を伝えましょう。遠方からのゲストには「お車代」があることもあります。きちんと渡しましょう。

 

③席次表を渡し、案内をする:

会場のテーブルの配置の説明と、指定席・自由席であるかを伝えます。多くの会場では A,B,Cなどでテーブルが分かれていること多いです。

 

④ご祝儀と芳名帳を親族へ渡す:

すべてのゲスト到着を確認したら、自分たちの記帳を行い、あらかじめ指定された親族へご祝儀と芳名帳を渡しましょう。

 

結婚式の受付係の人数は? また誰がやるの? 親族?友達?

受付の人数は4人が一般的な人数です。新郎側と新婦側から、それぞれ2人ずつという内訳です。

どんな人が受付をやるのかというと、「しっかりしている人」です。

大事な晴れ舞台を、言葉は悪いですがチャランポランな人に任せることはできません。なので、この人なら大丈夫という人がチョイスされます。頼みやすい友達が受付係になるのが一般的です。

しかし親族ではいけないということはありません。しっかりしていて、頼みごとがしやすい人が選ばれます。

 

結婚式当日の時間割り

挙式当日、受付係は開宴1時間前には集合しましょう。

確認事項や当日の流れ、役割などを確認するためです。この際、式場スタッフとも備品について確認しておきましょう。

ご祝儀を納めるお盆や筆記用具、芳名帳や席次表など有無がそれにあたります。開宴30分前になると、ゲストが現れ始めます。

挨拶やご祝儀の受け取り、芳名帳への記帳をしてもらい、控室へ案内しましょう。遅刻者が出る可能性もあるので、その場合の対応も事前に確認しておいた方が間違いありません。

当日はこのような流れで受付係を行います。

結婚式の全体的な流れがきになる方は、結婚式の流れについての記事をまとめているので、参考にしてみてください。

 

第一印象が上がる結婚式の受付の飾り付け

会場で、一番初めにゲストの目に入る場所が受付です。

素敵な飾りが施されていれば、ゲストの印象もアップするでしょう。

ウェルカムドールやイニシャルオブジェ、テーブルクロスへの修飾、バルーンでの飾りつけは清潔感もあり、印象に残る飾りつけになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?重要な役割である受付係の仕事は、意外にもシンプルです。

とはいえ、ゲスト一人ひとりに丁寧な対応が求められます。

基本的な流れは今回紹介した流れになっています。受付係に選ばれた際は、信頼に応えられるようにしっかりと準備をしていきましょう。

最後に、結婚式の準備している方に人気の余興アイデア10選もまとめているので、参照してみてください。

-準備・時期

関連記事

夏 結婚式

夏の結婚式を成功させるには「〇〇対策」がカギ!

皆さんは「夏の結婚式」というと、どんな印象を思い浮かべますか?結婚式を挙げる側なのか、それとも参列する側なのかで多少印象は異なると思いますが、夏の結婚式にはさまざまなチェックポイントがあります。 今回 …

結婚式 平日

平日結婚式ってどんな感じ?実際のところをまとめてみました

サービス業など平日にお休みの人も多くいる最近、注目を集めている平日結婚式。ここではそんな平日結婚式を行う上でメリットとデメリット、平日結婚式を成功させるための秘訣をまとめてみました。   目 …

結婚式安い時期

結婚式を安い時期は?最大の特典を得る秘訣とは

【ブライダルプロ Sが記事を監修】 結婚式には挙げたい。でも結婚式の費用は平均400万円前後、「そんなの手が届かない」と思っている方は多いです。そんな方にオススメしたいのが安い時期にあげることです。ご …

【完全ガイド】盛り上がる、結婚式の演出21選

【ブライダルプロ Kが記事監修】 結婚式の演出は披露宴の印象を大きく変えます。ゲストに楽しんでもらいたい思いから、多くのカップルは演出に悩みます。 そんな結婚式の演出って何をしたらいいかわからないとい …

結婚式流れ

業界のプロが教える!結婚式の流れをご紹介!

みなさんは結婚式で正しい立ち振る舞いができているでしょうか? 式場関係者や頻繁に結婚式に参加しない限りどう立ち振る舞えばいいか、分からないという方も多いです。 そこで今回は結婚式の流れについて紹介しま …

Inwedding Bridal

Inwedding Bridal では、ブライダルスタッフ・プランナーがあなたへ結婚式を挙げる前に知りたい情報、おすすめの商品・ブライダルフェアなどを紹介していきます。

幸せな結婚式を一緒に作っていきましょう!