披露宴 準備・時期

業界のプロが教える!結婚式の流れをご紹介!

投稿日:2020年4月24日 更新日:

結婚式流れ

みなさんは結婚式で正しい立ち振る舞いができているでしょうか?

式場関係者や頻繁に結婚式に参加しない限りどう立ち振る舞えばいいか、分からないという方も多いです。

そこで今回は結婚式の流れについて紹介します。結婚式の流れから所要時間、挙式後の催しや基本的プログラムについて詳しく説明します

この記事を読めば、結婚式の流れをしっかりと把握できます。どんな流れになるかを分かっていれば、自然と雰囲気に合った立ち振る舞いができるはずです。

なので当日は心配することなく安心して当日を迎えるために、最後まで呼んでください!

 

結婚式の流れ 新郎新婦の時間割

結婚式当日における、新郎新婦のスケジュールは長時間になります

挙式開始の3~4時間前に会場入りをします。支度は準備に時間のかかる新婦から順に始めます。新婦ウェディングドレス・アクセサリーを身につけ、お化粧の準備をします。そして新郎はタキシードに着替えます。この時、プランナーとのスケジュールの最終確認が行われることが多いです。

その後、親族の来館に合わせて、両家の親族紹介を行います。この時間は正式に両家が顔を合わせ、家族になる大事なお時間です。

挙式前に最後のリハーサル、写真撮影を行い、いよいよ挙式スタートです。

やはり新郎新婦は忙しさが目立ちます。主役であり、ゲストをもてなす立場なので仕方のないことでしょう。

 

結婚式の流れ 親族・ゲストの時間割

新郎新婦とは対照的に、親族やゲストのスケジュールはシンプルです。

親族は挙式開始の1~1時間半前に会場入り、ゲストは挙式開始の30分前に会場入りをします。親族は両家の親族紹介後に挙式に参加、ゲストはそのまま挙式に参加する流れです。親族やゲストは式に参加するだけなので、いたってシンプルです。

むしろ披露宴などの催しで、挨拶やパフォーマンスを披露する場合があるので、親族やゲストのメインはそちらでしょう。

 

結婚式後の流れ 披露宴の入場する前

ゲストの流れ

挙式後の披露宴の流れは様々ありますが、一般的なパターンを紹介します。

挙式後、ゲストには披露宴会場に移動してもらいます。

披露宴会場の準備を待っている間にゲストは受付で名前を記入して、ご祝儀も受付の方にお渡しします。この時、ゲストは席次表を受け取ります。

コンセルジュがある場合はゲストは不要な荷物を預けることもできます。

会場によっては、この待ち時間の間に「ウェルカムパーティー」で待ち時間にウェルカムドリンクとフィンガーフードで楽しんでいただくことがあります。

ガーデンが備えてある会場は外でウェルカムパーティーで実施されますが、天候に左右されやすいので注意が必要です。

会場内の準備が整い次第、ゲストが会場へ入場します。席次表にしたがって、決まった席に座っていただきます。

新郎新婦の流れ

この間、新郎新婦は衣装を整えて披露宴会場へ入場する準備をします。

ゲストが全員、指定された席に座り歓談をした後にアナウンスに合わせて盛大に新郎新婦が入場します。演出としては新郎新婦が入場する前に簡単なムービーを上映することが多いです。

 

披露宴の流れ 挨拶・映像のタイミング

挙式後1時間以内には披露宴がスタートします。披露宴は2時間前後で終わり、ゲストの見送りをします。見送り後、精算を行い披露宴は終了します。

その後は会場を変え、2次会を行います。2次会も多くは2時間前後で終わり、解散か3次会という流れになります。

今回は披露宴をピックアップして、流れを紹介します。

まずは新郎新婦の入場。入場前に2人にまつわるオープニング映像を流すことが、パターンとして一般的です。入場後、新郎からの開宴の挨拶と新郎新婦の紹介です。

来賓から挨拶と乾杯の音頭をしていただき、しばしご歓談となります。歓談後、ケーキ入刀とファーストバイトです。

ファーストバイトは新郎新婦が互いにケーキを食べさせるイベントで、定着しつつあるイベントです。

ケーキが配られた後は、新婦の友人からのゲストスピーチになります。涙で化粧が崩れるので、お色直し前にやるのが一般的な流れです。新郎新婦のお色直し後、ゲストからの余興やスピーチがあれば、このタイミングで実施します。余興はゲストのみなさんの楽しんでもらうとても大切な時間です。

最後はクライマックスにふさわしいイベントが続きます。まず新婦手紙朗読と花束記念品贈呈です。次に両家代表の挨拶です。新郎の父親が行うのが一般的です。

最後は新郎の挨拶で披露宴を締めくくります。

新郎新婦は先に退場し、ゲスト退場・見送りして、披露宴が終わります。

 

披露宴・1.5次会・会食・お披露目会の違い

近年、結婚式のスタイルが多様化しているように、挙式後の催しも多様化しています。まず結婚式後のイメージが強い披露宴・披露パーティについてです。

披露宴・披露パーティは、挙式を行ったことをお世話になった人や友人に報告するための宴会になります。規模は大小様々で数十人から数百人単位になります。

次に近年増えてきた1.5次会です。一般的な披露宴より演出が少なく、アットホームな雰囲気でパーティがしたいというカップルに人気の形式です。

ブッフェやコース料理で行われ、披露宴よりは規模は小さくなります。

最後に会食・お披露目会です。大勢のゲストを呼ぶ披露宴と比べ、家族・親族を中心に行う形式のパーティです。こちらも近年、増えてきているスタイルです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚式の流れや挙式後の催し、披露宴の流れについてまとめました。まとめると意外と簡単な流れということが、分かっていただけたかと思います。とはいえ晴れの舞台ですから、主役やゲストを問わずに緊張してしまうでしょう。

当日はスタッフの方が進行や誘導をしてくれますが、ご自身で覚えていた方がより結婚式や披露宴を楽しめるはずです。

結婚式や披露宴は急に起きるイベントではありません。日取りが決まってから、ゆっくりと眺めることで頭に入れてみてはいかがでしょうか?

-披露宴, 準備・時期

関連記事

結婚式 平日

平日結婚式ってどんな感じ?実際のところをまとめてみました

サービス業など平日にお休みの人も多くいる最近、注目を集めている平日結婚式。ここではそんな平日結婚式を行う上でメリットとデメリット、平日結婚式を成功させるための秘訣をまとめてみました。   目 …

夏 結婚式

夏の結婚式を成功させるには「〇〇対策」がカギ!

皆さんは「夏の結婚式」というと、どんな印象を思い浮かべますか?結婚式を挙げる側なのか、それとも参列する側なのかで多少印象は異なると思いますが、夏の結婚式にはさまざまなチェックポイントがあります。 今回 …

結婚式の時間帯

結婚式の時間は大切!新郎新婦に秘訣など全て教えます

結婚式を挙げる時、意外と悩んでしまうのが開催時間。候補日は決めていたけど、時間帯はプランナーさんに言われるまで頭になかった、なんて人も多いのでは? そこで今回は結婚式の時間帯の選び方から、挙式当日の一 …

結婚式 余興

心に残る結婚式余興とは?簡単盛り上がる秘訣

【ブライダルプロ K が記事を監修】 新郎新婦やゲストが感動する余興は?何がいいの?と、余興を頼まれ考える方は頭が痛いですね。結婚式の余興で悩んでいる方へ、簡単盛り上がる余興の為に、気を付ける点や余興 …

和装結婚式|経験者が教える白無垢・色打掛・挙式の基礎知識と注意点!

どこか厳かで気品のある和装での結婚式。実は私も白無垢に憧れ和装を結婚式に取り入れた一人です。親族、ゲスト世代を問わずとても好評で自分自身も大変満足のいく結婚式となりました。 そこで 今回は、経験者であ …

Inwedding Bridal

Inwedding Bridal では、ブライダルスタッフ・プランナーがあなたへ結婚式を挙げる前に知りたい情報、おすすめの商品・ブライダルフェアなどを紹介していきます。

幸せな結婚式を一緒に作っていきましょう!