ブライダルフェア

プロが教える!後悔しない結婚式場の探し方!

投稿日:2020年4月20日 更新日:

結婚式 探し方

【ブライダルプロKさんが記事を監修】

結婚式探しはほとんどのカップルにとっては初めてのことですよね。結婚式場を探すときに何に注目すべきなのか、自分達にあっているか悩んでしまいますよね。

ここではブライダル業界のプロが結婚式探しで後悔しないために式場選びの期間・コツを分かりやすく解説してきます。二人らしい、結婚式を実現させるためのポイントと知られていない秘訣を紹介するので、最後までよんでください!

 

結婚式場選びはいつから?失敗しないための準備期間は?

まずは結婚式場探しの流れについて説明します。

  1. 二人で結婚式場の条件やイメージを相談する
  2. 結婚式場を探す
  3. 気になる結婚式場のブライダルフェアに参加する
  4. ブライダルフェアでのチェックポイントをおさえる
  5. 複数行った中から条件に合った結婚式場を選ぶ
  6. 結婚式場決定!結婚式準備に取り掛かる

以上が結婚式場を決定するまでの流れとなります。

ほとんどのカップルにとって結婚式場選びは初めてのことであるため、予想以上に準備がかかってしまうことも。二人で結婚式場の条件を話し合って、少なくとも 2ー3箇所は見学したいはず。

失敗しないために結婚式場探しは最低でも「6カ月」です。

ここでいくつか注意点があります。6カ月という準備期間はあくまで結婚式場探しに必要な期間です。そこから「料理」「ドレス」「当日の進行」などなど、打合せをしないといけないことがあります。

そのため、結婚式場を決めてから、当日までの準備には「半年から 1 年」必要になるということを頭に入れておいてください。また、人気の結婚式場だと希望の日がすぐに埋まってしまうことも。そのため、結婚式場探しは「1年前」からスタートするのがベストです。

準備に時間をかけて失敗することはありませんが選ぶ時間がないかたもいらっしゃるかも。結婚式場探しをスムーズに行うために、外せないポイント・コツを以下で説明していきます。

 

結婚式場の探し方|結婚式情報誌、ウェブサイトの使い方

二人で結婚式場の条件を話し合うことからスタートです。でも、何を話合えばいいの??というのが大半だと思います。そこで、筆者のおすすめとしてまず雑誌や情報サイトでイメージを膨らますことです。

ここでは結婚式場の探し方について説明していきます。

結婚式場の探し方①:結婚 情報誌

結婚情報誌とは「ゼクシィ」などの雑誌のことです。1冊は目を通しておくことをおすすめします。というのも、雑誌のメリットとして複数の結婚式場のイメージやこだわりなどを一冊で調べることができます。

まず、結婚式場選びのきっかけとして使ってみてはいかがでしょうか。ゼクシィの内容についてはこちらでより詳しく説明しているので参考にしてください。

 

結婚式場の探し方②:ウエディングサイト

ウエディングサイトとはゼクシィ、ハナユメ、マイナビウェディング、みんなのウェディングのようなサイトです。

どれも簡単にアクセスするだけで、希望のエリア、人数などから結婚式場を検索することができます。

また、結婚式場の口コミを確認することができたり、簡単に見積りができたり、ブライダルフェアの予約ができたりとメリットがたくさんあります。独自の割引特典などが受けられるなどのメリットもあります。筆者としては、結婚情報誌で結婚式場を探した後、どのサイトもそれぞれ特長があるのでまずは使ってみることをおすすめします。

 

結婚式選びで事前に話し合っておくポイントとは?

いざ、情報を集め始めてはみたけれど、なにを基準に選べばいいの疑問が生じてくると思います。ある程度、結婚式のイメージが膨らんでいたら最低限以下のことは事前に二人で話合ってみましょう。

結婚式場探しのポイント:エリア

結婚式場を探し時のポイントとして一つ目に大切なのはエリアです。特に新郎新婦の出身地が違う場合など、話し合うべきです。新郎もしくは新婦の出身地で開催するのか、もしくは出会いの場所で開催するなどを考えるべきです。

お互いの出身地が同じであればそれほど悩まないかもしれません。しかし、その場合でも勤務地が出身地でないのであれば会社の方を遠方から呼ぶことになるかもしれません。

遠方から来られるゲストが多ければ、新幹線・電車・空港などアクセスしやすい地域、もしくは宿泊施設が整っている地域を選んだ方がいいです。結婚式場によっては、周辺のホテルと提携を組んでいることもあるので、プランナーに確認してみましょう。

 

結婚式場探しのポイント:式場タイプ

次に話し合うべきポイントは式場のタイプです。ハウスウェディングやホテルウェディングなどの結婚式場タイプがありますが、挙式スタイルによって、対応が少し変わってきます。

もし洋式のチャペル挙式をあげる場合は多くの会場が対応してくれます。最近では神前式などの和婚もとても人気になっています。神前式を希望する場合は、対応していない結婚式場もあるので、予め確かめる必要があります。

様々なオプションがあるので、ブライダルフェアに参加するとよりイメージが湧きます。CMで人気のHanayume(ハナユメ)などでは無料で会場を見学と料理の試食もできるので、参加してみてください。

和婚に興味がある方は、マイナビでも無料で見学ができるので、ぜひみてみてください。

\マイナビで神前式についてはこちら/

 

結婚式場探しのポイント:招待人数

3つ目結婚式場を探す時のポイントは招待する人数は何人かです。結婚式場によってゲストの収容人数が決まっています。多くの新郎新婦は平均的には50−90人を招待しています。

人数によっては会場が対応できない場合や、会場が狭すぎて窮屈になってしまうということもありませうので注意しましょう。

また、親族だけなどの少人数での結婚式も最近では人気が少しずつ増えています。あらかじめ、親族、会社の上司、友人を何人程度招待するのかは話し合っておいた方が会場が決めやすいかもしれません。

 

結婚式場探しのポイント:時期

最後のポイントは時期はどうするかです。6月はジューンブライドのため人気と思っている方も多いかもしれませんが、梅雨のため、屋外やガーデンウェディングではあまり挙げる人が多くありません。

一番多く人気のある時期は春(2月~4月)と秋(9月〜11月)です。

時期によっては、結婚式会場が安くなることがあるのです。少しでも節約を考えている方は同じ結婚式を時期を変えるだけで安くする方法を参照してみてください。

 

失敗しないブライダルフェアでのポイントとは?

二人で結婚式場のイメージが固まってきたら、

いよいよ、気になった結婚式場のブライダルフェアに参加してみましょう。

しかし、どこをみていいのやら。以下にチェックポイントをまとめてみました。

・結婚式場のアクセス
・料理の味、ドリンクの種類
・衣装
・結婚式場の雰囲気(挙式会場、披露宴会場)
・どのような演出ができるのか
・装飾

以上のポイントを意識して参加するといいでしょう。また結婚式場選びは時間のある限り 3 か所訪問することをおすすめします。

あとから結婚式場の雰囲気を思い出せるようにカメラ(携帯電話)などでしっかりと記録しておきましょう。

 

結婚式場探しで迷ったときの最終ジャッジは?

たくさんの結婚式場を選びすぎてしまうと、どの結婚式場にもそれぞれいいところ、悪いところがあり決めかねてしまうかもしれません。そこで最終的に決め手の一つとなってくるのがやはり予算です。

意外と皆さんしないのが値段交渉です。自分たちが悩んでいることを率直にプランナーに伝えてみましょう。結婚式場としても絶対に自分たちの会場を選んでほしいはず!妥協点が見つかってくると思います。

 

披露宴会場の費用をお得にする方法

結婚式費用の予算も決定ポイントとして重要です。結婚式の平均相場は約300万円と言われています。(ゼクシィの調べ)しかし、披露宴の金額は招待する人数や料理プランなどに比例しますので、少人数ウェディングはよりコストが削減できます。そして、招待客からご祝儀をいただくケースが多いので、実際の負担額は少なくなります。

それでも、結婚式・披露宴は大金がかかるので少しでも節約したいのが本音です。そこで、少しでも披露宴会場の費用を安くしたい方にはハナユメを使うのが必見です。

CMでもおなじみのハナユメでは「ハナユメ 割」があり、キャンペーン・時期・空室によっては同じ会場でも100万円以上お得になることがあるのです。

ハナユメ割には何か仕掛けがあると思っているかもしれませんが、同じ結婚式でも少し条件合えば安くなるコツがあるのです。

ハナユメ 割の仕組み

このように、時期や曜日などの条件を元に同じ結婚式でも「お得の時期」でトクができるのです。

そして、多くのカップルがハナユメ を通して理想の結婚式を実現できているのです。

予算もあまり多くなかったのですがハナユメ割のおかげで少ない予算でも素敵な式を挙げることが出来ました。そして少し余裕が出来たので新婦の希望だったシンデレラのカラードレスを選ぶことが出来ました。ハナユメ割がなかったらあんなにたくさんの演出をすることは出来なかったと思います。ハナユメのブライダルフェスタに参加出来て本当に良かったです。

ハナユメ 公式

行った時期のタイミング等もあり、なんと140万円以上の割引をしてもらえることに! おかげで、自分達らしい挙式にこだわって作り上げたのに、とってもお得に挙げることができました!まさに、hanayumeの文字通り、花嫁の「夢」を叶えていただきました。

ハナユメ 公式

このハナユメ割を使うのは簡単なんです。ハナユメ の公式サイトを通して無料で結婚式場を見学すれば、ハナユメ割が使えるんです。

そして、ハナユメを通して予約すると会場で無料の試食会やドレスの試着もできるので必見です。ぜひ、この機会にHanayume(ハナユメ)の公式サイトから結婚式場を訪れてみていください!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダル業界のプロとして結婚式の探し方についてまとめてみました。全体の流れを把握することで必要な準備が見えてきたと思います。

絶対に結婚式で後悔しないためのポイントをしっかりとまとめています。 これから結婚式場を探すカップル、現在結婚式場選びで迷っているカップルの支えになれれば幸いです。

【ブライダルプロKさんが記事を監修】

-ブライダルフェア

関連記事

結婚式 人数

結婚式の招待人数は何人がベスト?その疑問を解決!

「結婚式はどこでやる?」「誰を呼ぶ?」と悩むカップルは多いです。ここでは「結婚式の人数」や「会場のチェックポイント」を分かりやすく解説していきます!   目次1 結婚式の平均人数と費用をご紹 …

ゼクシィ 買う

ゼクシィを買う前に読んでほしい!結婚式への第一歩徹底解説

【ブライダルプロ Sが記事監修】 みなさん結婚情報誌と言えば、ゼクシィをご存知でしょうか。しかし「ゼクシィっていつ買うの?」、「ゼクシィって何が書いてあるの?」と思っている人も多いのではないでしょうか …

ゼクシィ内容

ゼクシィって必要?ゼクシィの内容、購入のタイミングまで徹底解説!

結婚を考えているカップルや式場を探し始めたカップルにとって1冊は持っていて欲しいのが「ゼクシィ」です。 ブライダル業界で働いている現役のプロがゼクシィの内容、見どころ、使い方、おすすめする理由を詳しく …

ハナユメ

人気のハナユメ について徹底解説!ハナユメ で100万円お得は本当?

人生で一番記憶に残る結婚式、思い描いている理想はあるけど、新しい生活もあるし、予算がなかなか無いという新郎新婦はたくさんいます。 そんな今、人気が急上昇中のハナユメは、多くの新郎新婦の理想の結婚式を叶 …

Inwedding Bridal

Inwedding Bridal では、ブライダルスタッフ・プランナーがあなたへ結婚式を挙げる前に知りたい情報、おすすめの商品・ブライダルフェアなどを紹介していきます。

幸せな結婚式を一緒に作っていきましょう!

.

.