披露宴

和装結婚式|経験者が教える白無垢・色打掛・挙式の基礎知識と注意点!

投稿日:2020年4月6日 更新日:

どこか厳かで気品のある和装での結婚式。実は私も白無垢に憧れ和装を結婚式に取り入れた一人です。親族、ゲスト世代を問わずとても好評で自分自身も大変満足のいく結婚式となりました。 そこで

今回は、経験者である私が和装結婚式を挙げる上で知りたかった基礎知識や注意点、和装結婚式の予約までの流れを簡単にお伝えします!

経験者ならではの視点でお伝えしているので、和装結婚式を検討中の方はぜひ参考にしてみて下さいね。

和装結婚式が叶う挙式タイプは全部で3つ!

結婚式の挙式は神前式・人前式・仏前式・教会式の4タイプがあります。その中でも、和装での結婚式が叶うのはこの3つ

神前式

②人前式

③ 仏前式です。

それではこの3つを詳しく見ていきましょう!

①神前式:神社や神殿で行う伝統的な挙式です。特別な儀式が数多くあり、厳かで大変見応えがあります。挙式に親族以外の参列が不可であったり、神殿内の写真撮影不可の場所も多くあるので注意です。神社以外でも、神殿を持つホテル等もあります。 白無垢などの和装が大変映えるので和装を考えている方にとてもおすすめです。料金は初穂料(はつほりょう)の5~10万程度が必要になります。

②人前式:結婚の誓いをゲストに宣言するのが人前式。他の式に比べ自由度が非常に高いのが特徴。お二人で考えた「誓いの言葉」やリングリレーなどそれぞれの個性をしっかりと出せる挙式です。和装を着たいけど堅苦しい挙式にはしたくない!なんて方にもおすすめです。 また、宗教などにとらわれない事も特徴の1つです。料金も比較的リーズナブルで会場の決まりもありません。

③仏前式:神前式と同様、日本の伝統的な挙式です。仏教を深く信仰している方が多く式を挙げています。先祖代々の菩提寺(ぼだいじ)や、縁のあるお寺で行われることが多いです。 仏前式を取り扱っている結婚式場は他の式に比べ少ないので注意が必要です。こちらも和装が大変映える挙式なので和装を考えている方におすすめです。料金は寺院によって幅がありますが、5~30万程度が必要になります。

白無垢に色打掛に…結婚式での和装の種類とヘアスタイルを解説

続いて、和装の種類をご紹介します。①白無垢②色打掛③引き振袖④新和装と大きく4つに分かれます。また、和装の特徴的なヘアスタイルに⑤綿帽子⑥角隠しがあります。一つ一つ詳しく見ていきましょう。

①白無垢:和装の中で最も格式高い衣装です。真っ白の生地ですが、織り方や刺しゅうの柄で様々な表情を見せてくれます。差し色に白以外のカラーを合わせる事も可能です。ちなみに綿帽子は白無垢を着る際のみ着用できます。

 綿帽子:白無垢の時のみ使用する事ができます。綿帽子を被ると一気に花嫁らしさが増します。お顔が少し隠れるので小顔効果もあります。文金高島田(ぶんきんたかしまだ)のカツラや日本髪はもちろん、最近では洋髪に合わせることも多いです。

 角隠し:文金高島田のカツラや日本髪に合わせて使用します。お顔がはっきりと出るのでクールなイメージや、かんざしを使用し華やかなイメージを出すこともできます。綿帽子と同様伝統あるヘアスタイルです

②色打掛:華やかで気品があるのでとても目を惹く衣装です。お色直しとして着用する事が多いです。色・柄共に様々な種類があります。色打掛も白無垢と共に格式高い衣装なので挙式での使用ももちろん可能です。

 

③引き振袖:華やかで気品のある衣装です。白無垢、色打掛と比べ少し格式は下がりますが、江戸時代から続く伝統ある花嫁衣装です。他のお着物よりも軽いので動きやすいのも特徴です。 成人式等で使用した振袖をお持ちの方は引き振袖に仕立て直して着用する事も可能です。思い入れがありご家族も喜ばれそうですね。

④新和装:色打掛と形はほぼ変わりませんが、オーガンジーなど新しい素材を取り入れた衣装です。自分だけの衣装で個性を出したい方におすすめ。洋装の雰囲気も出せるので和装・洋装両方の良いところを取り入れることができます。

和装結婚式を選ぶときの注意点

和装結婚式を選ぶ時に注意すべき点が4つあります。

①洋装に比べお色直しに時間がかかる

②洋装に比べ費用が高くなる可能性がある

③和装結婚式に多い神前式の際、友人の参列が出来ない可能性がある。また、写真撮影も不可の場合がある。

それでは詳しく見ていきましょう。

①和装は洋装に比べ着付けに時間が掛かります。和装から洋装へのお色直しは20分~25分程度、洋装から和装のお色直しは30~35分程度かかると言われています。たった10分の差ですが披露宴の時間は2時間半程度、意外とタイトな為和装を1点でも着用しよう、またはお色直し後に着用しようと考えている方は注意が必要です。

②和装、特に色打掛はレンタル料が洋装に比べると比較的高いこと。そして和装ではカツラを使用したり、綿帽子などの小物の料金が発生する場合があるので和装に決定する前に必ず金額の確認をするようにしましょう。

③伝統ある神社では参列は親族のみや、写真や動画撮影不可の場所も多くあります。また、バリアフリーに対応していなかったり、野外を歩く事もあるので雨に濡れる可能性もあります。神前式を予定している会場には確認を忘れず行いましょう。

和装結婚式に決定!新郎新婦が用意する物とは?まずは実家をチェック!

和装に決定した際、本人達が当日用意する物が何点かあります。お店によって必要な物が違うので、担当者に確認し忘れないよう必ず準備を行いましょう。

数枚のタオルと足袋は本人達での用意をお願いされることが多いです。それ以外でも肌襦袢(はだじばん)などは、過去に振り袖を着たことがある方は実家に置いてあることもあるので確認してみましょう。

和装結婚式の予約をする際の流れと、神前式希望時の注意点

和装結婚式を予約をする際の流れは、先ずは自分たちがどのスタイルでの挙式を希望するか考えましょう。人前式の際は挙式会場と披露宴会場が別になることはあまり無いので、そのまま予約へ進みましょう。

注意すべきは、神前式を希望する場合です。まず、挙式会場と披露宴会場の確認を行いましょう。挙式会場である神社と披露宴会場である施設が提携しているのか、もしくは挙式会場である神社に披露宴会場があるのか、披露宴会場である施設に神殿が併設されているのか。こちらではマイナビがおすすめしている「和婚」が叶う結婚式場 をまとめています。是非、全国の会場を見てみてください!

神前式挙式の際は基本的にはこの3点のどれかに該当するので必ずチェックを行いましょう。 また、挙式会場である神社と披露宴会場である施設が別々の場合、それぞれの施設に予約を取ることが多いです。2施設の日程を合わせたり、有名な神社の場合は年中行事等で挙式を行えない時期などもあるので早めの予約をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?和装での結婚式を希望する際の衣装の種類、費用や時間だけでなく結婚式会場を検討する段階から考慮すべき流れもお伝えしました。

結婚式の準備は想像以上に大変です。どのようなお式にしたいのかお二人でしっかりと話し合い満足のいく結婚式を挙げれるよう願っています。この記事が少しでもお二人のお力になれば幸いです!

-披露宴

関連記事

結婚式流れ

業界のプロが教える!結婚式の流れをご紹介!

みなさんは結婚式で正しい立ち振る舞いができているでしょうか? 式場関係者や頻繁に結婚式に参加しない限りどう立ち振る舞えばいいか、分からないという方も多いです。 そこで今回は結婚式の流れについて紹介しま …

結婚式 人数

結婚式の招待人数は何人がベスト?その疑問を解決!

「結婚式はどこでやる?」「誰を呼ぶ?」と悩むカップルは多いです。ここでは「結婚式の人数」や「会場のチェックポイント」を分かりやすく解説していきます!   目次1 結婚式の平均人数と費用をご紹 …

【結婚式準備マニュアル】︎結婚式を成功させる鍵は準備にあり!

【ブライダルプロ Rが記事監修】 結婚式の準備って何からはじめればいいかわからないという方必見! 結婚式当日までの準備にあたってのポイントを分かりやすく紹介していきます。これであなたも結婚式準備が楽し …

結婚式 平日

平日結婚式ってどんな感じ?実際のところをまとめてみました

サービス業など平日にお休みの人も多くいる最近、注目を集めている平日結婚式。ここではそんな平日結婚式を行う上でメリットとデメリット、平日結婚式を成功させるための秘訣をまとめてみました。   目 …

結婚式 余興

心に残る結婚式余興とは?簡単盛り上がる秘訣

【ブライダルプロ K が記事を監修】 新郎新婦やゲストが感動する余興は?何がいいの?と、余興を頼まれ考える方は頭が痛いですね。結婚式の余興で悩んでいる方へ、簡単盛り上がる余興の為に、気を付ける点や余興 …

Inwedding Bridal

Inwedding Bridal では、ブライダルスタッフ・プランナーがあなたへ結婚式を挙げる前に知りたい情報、おすすめの商品・ブライダルフェアなどを紹介していきます。

幸せな結婚式を一緒に作っていきましょう!

.

.